商品詳細年間数万円もガソリン代が浮くかも?・・エコドライブは先を見越した運転が吉


環境にもお財布にも優しい運転なら、彼女にもきっと優しいはず♪キーとじ込みやガス欠など、困った時のお助けでお世話になるJAFですが、実はドライビングに関する様々な情報や講習会でも頼れる存在。そのJAFがすすめるエコドライブについてお話しています。前半では発進時のアクセルについて説明しましたが、後半は走行中と停車時のエコテクニックです。

【ガソリン代節約のカギは、無駄のないアクセルに有り】
スピードがいよいよ流れに乗った後の走行中は、進行方向の信号や全体の車の流れを常にチェックしながら走ります。信号の先読みといっても、ギリギリの飛び込みや見込みによる飛び出しのことではもちろんありませんよ。無理な先読みは事故の元です。ここで言う先読みとは、アクセルペダルをできるだけ一定の位置から動かさなくてもよい、言い換えれば無駄なアクセルの踏み込をしないための先読みです。一度踏み込んだらできるだけ息の長いストロークを保ち、優しく踏み込んだままの状態で走りましょう。ブーンブーンとエンジンが鳴るほど、ガソリンが消費されていると考えればわかりやすいですね。エンジンに負担をかければ、それだけガソリン代も無駄になるわけですから、当然急ブレーキや急カーブなども勿体ない運転の見本です。ブレーキが鳴るような運転はしないに越したことはありません。

【惰力走行もフル活用】
アクセルから足を離した惰力走行は、速度を落とすつもりのない時や坂道、カーブなど、使いようによっては危険行為になってしまいますが、信号などでゆっくり速度を落として停車するときにはおおいに活用したいエコドライブ法のひとつです。発進時や走行中と同様、数台先からの車の流れや信号のタイミングを把握しながら、早めにアクセルから足を離し、惰性でゆっくりと進みながら緩やかに停車しましょう。

TOPPAGE  TOP