商品詳細天気の良い日は、お外に洗濯物を干しましょう

洗濯機の使い方にもポイントがいいお天気の日は、外やベランダに洗濯物を干したくなりますよね。

ただ中には外に干せない状況の方もいらっしゃると思います。

そうなると...どうしても利用してしまうのが「乾燥機」です。

ただ、乾燥機を使うのは節電対策としては、あまりよろしくありません(^_^;)

出来るだけ乾燥機を使わなくてもいいような工夫をしましょう。

一番ベストなのは、乾燥機を使わずに、自然乾燥するという方法ですが、梅雨の時期だと衣類にニオイがついてしまって生乾きのニオイが酷かったり、なかなか乾かなかったりしますよね?

そんな時は、完全に衣類を乾燥させるのではなく、初めに自然乾燥をさせて、後から乾燥機を使って仕上げる...という方法なら節電になります。

完全に衣類が乾くまで乾燥機を使うのは、電力を沢山使ってしまうので節電にはなりません。

また、洗濯機の使い方にもポイントがあります。

洗濯機が一回稼働するのに使う電力量は、洗濯物の量が多くても少なくても同じなんです。

なので、少量を洗濯するよりも、規定のギリギリの量で洗濯をした方が節電に繋がります。

もちろん入れ過ぎてしまっては逆に電力量を多く使ってしまうので、注意してくださいね。

後は洗濯機の種類によっては、「スピードコース」のような洗濯時間を短縮するようなコースがあるかと思います。

そのようなコースがある洗濯機は、ぜひ短縮して洗濯物を終わらせましょう。

なぜなら...時間を短縮した方が、電気の消費量だけでなく、水道代の節約にもなるんですよ。

TOPPAGE  TOP