商品詳細トイレやテレビの設定を変えるだけで、節電になる!!

トイレのフタは、下げておきましょう節電をする方法にも色々とあるんですけど、案外忘れがちな「トイレ」と「テレビ」についてお話しましょう。

もしかしたら、「トイレで節電?」「今のテレビは省エネ対策してあるでしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は使い方次第で、今以上に節電出来るんですよ(*^_^*)

まずはトイレです。

皆さんのご家庭のトイレのフタはどうなっていますか?

ほとんどのご家庭でトイレは洋式だと思うんですが、常にフタを上げている状態ですか?下ろしている状態ですか?

我が家は常に下ろしている状態なんですけど、トイレの便座の電源を入れていて温めている状態でフタを上げていると、熱が外に放出してしまうので、必要以上に電気を使ってしまうんです。

なので、トイレのフタは下げておくようにしましょう。

そして便座の設定温度もポイントです。

暑い時期に温度を高温に設定しておくことはないと思いますが、もしも設定しておくなら低めの温度に。

使わないようならコンセントを抜いておくようにしましょう。

次にテレビですが、テレビによっては省エネ設定ボタンのようなものがありますが、その設定をしておいて、画面の輝度も強ではなく中にしておきましょう。

はっきりとした色合いでテレビを見たい場合もありますが、節電の事を考えると、強はおすすめできません。

こんなちょっとした対策でも節電に繋がるので、色々と見直してみてくださいね。

TOPPAGE  TOP