商品詳細お財布に優しいお買い物


買わなければ、なんたってタダ!たのしく節約、というコンセプトで、お財布にも心にも優しい前向きな節約ライフの提案をしています。さて突然ですが、ここでみなさんにクイズです。「節約」の反対語は何でしょうか?・・答えは「浪費」です。まんま、ですね。無駄遣いは節約の最大の敵、出て行かなければお金は貯まるのです。

一刀両断に言ってしまえば、
「買わなければタダ!」
・・これが、まず節約の大原則なのです。
どんなに安い物でも、買えばお金は出て行くわけです。「安売りだったから・・」と、予定していなかった買い物をしていませんか?「たくさんの方が安かったから・・」とまとめて買い込んだ野菜が、冷蔵庫で泣いていませんか?いずれも、もし目に付かなければ買うことはなかったし、買わなかったからといって、何の不便もなかったはずですね。

でもそうは言っても、自給自足の暮らしでもしない限り、人間、何も買わなくては生きていく事はできません。黙っていても、税金、年金、家賃やローンなど、お金は出て行きますし、食べて寝て、生きていくための最低限を得るにも、それなりのお金が必要です。それに買い物を控えるといっても、ケチケチし過ぎて毎日の生活があまりに味気ないのも正直、嫌ですよね。すさんだ気持ちでキリキリ節約するよりも、心にゆとりを持ちながら、効果的に上手に節約したいものです。

生きるために最低限必要な、そして時には心のケアのためにも大切な「お買い物」。それを「浪費」にしないための色々なコツ、さらに同じお買い物を少しでもお得にできるテクニックについて、様々な角度から迫ってみようと思います。

TOPPAGE  TOP