商品詳細「つい買い過ぎ」を防ぐには?


メモに従って余分な衝動買いをしないのも1つの方法ですが・・例えば、スーパーマーケットに買い物に出かける時。あなたは、メモを持って行くほうですか?それとも、行き当たりばったりで安くなっているものを買うほうでしょうか?

メモを持って決まったものだけを買うのは、一番ポピュラーな節約手段の1つですね。あらかじめ、チラシの特売品などを見ながらよく検討、財布と相談しながら献立に必要なものをメモに書きとめて持っていけば、売り場で歩き回る時間も節約でき、能率的に買い物ができます。

一方、特にメモを持たず、店頭でお得なものを見つけながら買っていく事の多い人は、お店のレイアウトに合わせてだいたい決まった順回路をたどりながら、お値打ち価格になっている物をピックアップ。お値打ち価格の品揃えを見ながら、お店で今夜のおかずの構想を練ってしまうというつわものも中にはいるようですね。特に、お仕事を持ったりしている人は、スーパーの閉店時間ぎりぎりの投売りなどを上手に利用したり、行き当たりばったりでも買い物しながら上手に献立を考えるテクニックに長けている方が多いようです。

さらに予算を決めておけば、万全です!ただ、いずれの買い物のし方をしていても陥りやすいのは、お店での衝動買い。タイムサービスやわけあり品など、予定に無かったものが超特価で売っていたりすると、ついつい買い込んでしまいたくなります。特に、調味料や乾物など、ストックの利く常備品などは誘惑に負け安くなりますね。確かに買って損は無いかもしれません。

そこで、メモ派、行き当たりばったり派、どちらの人にも有効で、時にはお得な衝動買いだってOKという最強の節約手段は何だと思いますか?それは、「最初に予算(=買い物の限度額)を設定しておく」事です。お店でつい欲しくなったものも限度額内なら買えるところがミソ。誘惑に負けそうな人は、最初から財布に余分なお金を持たないようにするのも1つのテクニックです。

TOPPAGE  TOP