商品詳細相反することもある、節約とエコ


一筋縄ではいかないエコと節約の両立節電、節水など、エネルギーの節約はもちろん、お買い物での浪費を抑え、食品などの食べ残しを無くすなど、節約生活の実践は、そのままエコに繋がっていますね。でもその反面、エコの実践がすべて、節約には繋がらないことも、ままあることをお話しなくてはなりません。一方の面だけを強調し過ぎると、他方が見えなくなってしまいます。包み隠さず、エコと相性の悪い節約について、お話していきましょう。

例えば、どなたもご存知の再生紙の問題。環境に優しい事は解っていても、木材から作られた純粋なパルプ100%の製品の方が、再生紙利用のよりコストが低く抑えられるため、ティッシュもトイレットペーパーも、エコを気にしているとどうしても割高なお買い物をしなくてはなりません。

そして環境を考えるなら、食べ物と密接に繋がった農薬の問題。世間が騒然となった混入事件や、蜜蜂失踪などの事件から、少しずつ関心は強まっているものの、流通の中心は圧倒的に農薬使用による生産物。輸入食材のポストハーベスト問題などを含め、農薬などを気にしていたら、普通にスーパーの棚に並んでいる物はほとんど食べられません。安ければ全然気にならない、とにかくお金を使いたくないという人には無問題な部分ですが、エコや環境保護とともに節約生活を営みたい人にとっては、ここが最大の難関です。

それでも、最近は食の安全などへの関心も高まり、値段との折り合いさえ付けば、多少割高でも安心な方へと売れ筋が変わってきている事も確かです。社会の意識が高まるとともに、環境などへの配慮のあるより安全な品が、より安くたくさん売れる事を望みたいものです。

古紙配合でもまとめ買いでお得に!
通常の2.5倍、超ロングタイプで長持ち!
人気のトイレットペーパーはこちら・・・>> トイレットペーパー

TOPPAGE  TOP