商品詳細節約的思考のお買い物、まとめ


無駄遣いを抑えるには、限度額を設定するのが一番お買い物が、何よりのストレス解消になるという人は、意外と多いようですね。物欲を満たしたいのは人の業。満たされれば確かに満足しますものね。しばらくは、買ってきたものを眺めながら嬉しい気分になったりします。その反面、あんなに欲しかったはずのものが、一旦手に入ってしまったら気が抜けたようになって、気づけばお部屋の隅で忘れられた存在に・・・なんて事も、経験している人は多いはず。まだ新しいうちから、リサイクルショップやオークションに持ち込まれるものが沢山あるのも、頷けることです。そこで、お買い物するときのちょっとした考え方のコツを伝授しましょう。

【予算を立てて買い物しよう!】
袋分け式家計簿の考え方です。計画的な節約生活の支障にならない程度の予算を組み、その中でなら、自由に買い物しましょう。

【必要な物か、無くても良い物か、2択で考えよう!】
あるのは、この2択だけです!これができればだいぶスリムになりますよ。

見るだけでも幸せかも・・!?【ずっと使い続ける自信があるか?】
見通しを立てます。途中で飽きそうな物なら、さっさとあきらめましょう。

【自分が持っていなくても良い物かも・・?】
見ているだけで幸せな物って、あるでしょう?

【それでも何でも絶対欲しい、あれば毎日がばら色になる?】
買わずに帰ったら後悔する、連れて帰れと呼んでいる、これのためなら何でも我慢できる、明日からしっかり働く!・・・・それなら、思い切って購入し、その分また節約に励みましょう。でも、これっきりですよ。買い物の度に許していたら、節約は遠い道のりと思った方がよいでしょう。

TOPPAGE  TOP