商品詳細固定資産税を丸ごと1年分節約する法


マイホームの新築も、タイミング次第で節税できる【新築するならお正月過ぎ】
将来、家を新築する予定のある人は、お正月過ぎた頃を狙いましょう!間違っても、年末に新築、棟上げ・・なんて、やっちゃいけません。さもないと、1年分の固定資産税をまるっと損するかもしれません。

【月割制度のない固定資産税】
そのわけは、土地や家などの不動産につく固定資産税は、毎年の1月1日の時点で物件を所有している人に課せられるからです。月割の制度がなく、1年ごとの更新なので、新築した年は翌年の1月1日までは払わなくてもよいのが固定資産税。ならば、できるだけ年の初めに家を建てることで、まるっと1年分近い税金がタダになるというわけです。

【オプションは後付けが断然お得】
もう一つ、新築する時のお得情報として、最初は内装などもなるべくシンプルにしておく事をお勧めします。これは車の購入の時とよく似たパターンになりますが、最初からオプションを豪華にするのを控えることで、固定資産税が高くつくのを抑えるという手法です。いきなり全てを突貫工事で完成させてしまうのではなく、固定資産税を安くあげつつ、オプションは後からゆっくり吟味しながら、良いものを少しずつ付け加えていく・・・なんていうのも悪くないと思いますが、さていかがでしょう?

TOPPAGE  TOP