商品詳細仕送り先のわが子の医療費も控除の対象!・・・医療費控除は取りこぼしなく受けよう


家族みんなの医療費が減税の対象になります!所得から税金を計算するにあたって、様々な個人の事情に配慮して、課税対象となる所得から差し引かれるのが控除です。受けられる控除は漏れなく受けることで、節税が可能になるわけですが、その中でも身近で手っ取り早いのが医療費控除です。

【医療費控除の計算は?】
医療費控除は、所得税が課せられる本人と、その家族の年間の医療費をもとに計算されるものです。その計算には、治療のための通院や入院のほか、医薬品のレシートなども活用できます。年間の医療費から、保険の給付金や払い戻し金などで補てんされた分を差し引き、そこからさらに10万円(所得が200万円未満の場合は所得の5%)を引いた額が、控除として所得から差し引かれます。

【あなどり難し!医療費控除】
医療費控除を受けるにあたって、たとえばパートやアルバイトなどで家族の中の複数の人が所得を得ているような場合、それぞれの医療費を各々の所得から控除してもらうより、ひとまとめにして一番所得の高い人が受けるようにするほうが節税効果は高まります。所得金額が高いほど所得税率も高くなるため、医療費控除を受ける場合も、そのメリットが最大限に生かせるのです。うまくいけば、控除によって所得税率がワンランク下がる場合もあり、そうなれば翌年の住民税額も下がる恩恵に授かれるかもしれません。

【脛かじりの下宿息子も控除の対象】
またさらに嬉しいことに、医療費控除の対象となる医療費は、同居家族のぶんだけでなく、遠く下宿している学生の息子や離れて住む両親など、定期的に生活費を仕送りしている家族のぶんも含まれます。家族が支払った医療費は、きちんと管理してお父さんのお給料から控除してもらえば、医療費の節税もばっちりというわけです。

TOPPAGE  TOP