商品詳細車の購入はタイミングが命!車を買うための節税術


毎年5月は出費が痛い毎年5月になると払わなければならない自動車税。けっこう痛い出費ですよね。この自動車税、4月1日にその車を所有しているという条件により、その支払い義務が生じます。それでは、新たに車を購入した場合はどうでしょう?例えば8月とか12月とか、4月以降のどこかで車を買った人の場合、自動車税はちゃんと月割で計算されて、次年度までの残りの額を納税することになります。

【購入のタイミングで節税】
ところでこの月割の自動車税、登録した月の分だけは免除になるため、月末に購入するより月始めに購入するほうが1か月分の節税になるのですね。数千円とはいえ、1か月分の税金がタダになると考えれば、タイミングをはかって無駄ということはないはずです。

ところが、このタイミングを逆に利用しているのがカーディーラーです。買い控えの置きやすい月末に向けて、車の値引きキャンペーンを持ってくるのですね。月末を条件に駆け引きすれば、さらに値切れる可能性もあるかもしれません。税金と値引き、両者を天秤にかけながら、タイミングをはかって購入するに越したことはありません。

【軽自動車なら1年分の節税も可能!】
ただ同じ車の税金でも、対象が軽自動車となると勝手が大きく違ってきます。軽自動車税の場合、賦課期日は自動車税と同じ4月1日ですが、月割の制度がなく課税は年間の1本しかありません。例えば4月2日に購入した車の税金は、ほぼ1年間非課税で乗れるわけです。車の購入時期は、よくよく考えて決めるのが正解ですね。


車の買い替えを考え始めたら、次に気になるのがどれだけ高く車を買い取ってもらえるのかということですよね。

1万円でも高く売るためには、複数の買い取り業者を競合させることが重要です。

1社だけの見積もりでは出てこなかったような価格が飛び出すことが多々あります。

でも複数に業者に連絡するのが面倒という人。

大丈夫ですよ。今はネットで簡単に、しかもたった1回の申し込みで依頼ができるサービスがあるんですよ。

あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。カービューのサービスはこちら

TOPPAGE  TOP