商品詳細車購入の節税術・・・実はオプションは後付けの方がお得!?


購入時に付ければオプションのぶんまで税金取られます!新車購入の際には、カーディーラーからサービスで色々なオプションの勧誘を受ける事も多いでしょう。購入と一緒に付けてもらえるオプションには何となくお得感もあり、あれこれと付けてもらう人も多いことでしょう。でも、このオプション、もしかすると後から別で付けてもらったほうが節約になるかもしれません。それも、自動車税の節約に。

【オプションの分にもかかる自動車税】
自動車の購入は大きな買い物ですが、その高い買い物をさらに苦しくするのが、自動車取得税と呼ばれる税金です。その名のとおり、50万円を超える自動車の取得価格に対し、その5%分、軽自動車の場合は3%分の税金が課せられます。しかもこの自動車取得税は、車両本体の価格だけでなく、オプションの代金も合わせた価格に対してかけられるのです。高額な買い物だけに、オプションひとつ付けただけでも税金の額が大きく変わるのです。

例えばオプションに10万円がかかった場合なら5000円、20万円をかけたなら1万円が、自動車取得税の上乗せとなって消えていくことになります。でもオプションはそれだけなら税金の対象にはならないので、購入時にオプションを付けてもらうのでなく、後からつけてもらうことで節税が可能になります。実際にはオプションで値引きになるパターンも多いと思われますが、購入後につけてもらうように頼むなど上手にかけ引きをすれば、お得にオプションを付けてもらい、なおかつ税金も無駄に払わなくて済むかもしれません。

※オプションには購入時にのみ選択できるものもありますので確認して下さいね。

TOPPAGE  TOP