商品詳細サラリーマンの特権、財形貯蓄には便利な機能や特典がいっぱい


将来のための貯金で利子が非課税に【財形貯蓄の条件は?】
いわゆる「天引き」貯金、時には短縮されて「財形」と呼ばれたりする財形貯蓄は、サラリーマン=勤労者であり、会社=事業主を通して給料から天引きにより、3年以上の期間を通して、毎月ないしボーナスごとの貯金をする事が条件となっています。既に何となくやってる人は少なくないと思いますが、これって実はとっても有利なサラリーマンだけの特権。便利な機能があったり、節税にもなる財形貯蓄について、簡単にまとめてみました。

【意外と広い、財形貯蓄の守備範囲】
定期預金や積立定期、定額郵便預金などの預金の他、生命保険や共済、傷害保険、また公社や株式の投資信託や国債、社債なども対象となり、守備範囲も広い財形には、目的別に3つの種類があります。

【一番お手軽なのは「一般財形貯蓄」】
財形の中でも目的を選ばず簡単に積み立てられるのは「一般財形貯蓄」です。利子が非課税にならない反面、利用についての制限がなく、3年以上積み立てをすれば他の一般財形貯蓄商品に乗り換える事もできます。

【ターゲットを絞ることで、非課税対象に】
一般財形貯蓄の他に、住宅の購入、増改築などの目的に絞られた「財形住宅貯蓄」、老後の生活資金を積み立てる「財形年金貯蓄」があり、これらは、別用途で引き出す場合を除き、元本550万円を限度に利子が非課税となります。

【転職しても引き継げる】
財形の便利な機能として、退職後1年以内の転職なら、転職先の事業主を通して新契約に移して継続していくことができます。サラリーマンの特権とも言える財形貯蓄、無理なく財を築くことのできる便利な制度なので、ぜひ活用しましょう。

TOPPAGE  TOP