商品詳細固定資産税の節税で知っておくべきこと


家の形ができた時点で課税対象になることも毎年、1月1日をもって、物件の所有者に課せられるのが固定資産税。月割制度が無いために、新築するなら1月2日以降の年始を狙えば断然お得なのですが、もう少し深めて知っておきたいことも無いわけではありません。

【登記だけが全てでは無い】
ただしそうは言っても落とし穴が無いわけではありません。建売りを購入する場合はともかく、家を新しく建てるには時間がかかります。新築する家がどの時点で所有物としてその人の課税対象になるかが問題です。登記を1月2日にすれば良いのかといえば、そうとばかりも言えません。市町村も未登記の物件を調査するために、航空写真などを撮りながら常々見張っているため、作りかけの家でも屋根や壁などが完成した様子が写り込んでいれば、建造物とみなされて課税の対象に成り得るのです。登記さえしていなければ大丈夫とはいえないところが、やや微妙なところです。

【土地の評価額も要チェック】
また、土地は既に持っていて、そこに家を建てる計画がある場合、更地は建造物のある土地より財産価値が高いため固定資産税も高くつき、建物があれば土地に対する固定資産税は安くあがることになります。所有する土地に後から家を建てる場合は、1月1日の段階で、家が建っていた方が得なのか、建っていない方が得なのか、条件をすり合わせて比較してみる必要があるでしょう。

TOPPAGE  TOP