商品詳細スポットを温めて全身ぽかぽか!


頭や指先を暖めるだけで全身ぽかぽか【足湯はいかが】
なんとなく寒気を感じるような時、部屋を暖めてもなかなか体が温まってこない事がありませんか?そんな時は、効果的に体を温めるポイントを押さえて局部をしっかり温めてみましょう。たとえば、足湯。バケツなどの容器にお湯を入れ、お部屋でくつろぎながら足先を暖めると、想像以上の心地よさで体全体がぽかぽかに暖かくなります。それだけでなく、腰痛や生理痛などの辛い症状も和らぐなど、その効果は絶大です。よく考えれば全身のツボが集中するつま先や足裏を暖めるわけですし、効かないわけはありません。ちなみにロシアには昔から、毛布にしっかりくるまって足湯に浸かりながらウォッカを飲み、大量の発汗で一気に風邪を治すという治療法もあるそうです。お酒好きは試してみては。

【産まれてからも大切!おへそ】
足湯以外で効果的な暖めポイントといえば、おへそです。何の役にも立ちそうにないですが、この世に産まれてくるまではお母さんとリンクするための大切な道具だったおへそは、大人にとっても健康のカギを握る重要な器官です。体やお腹の調子の悪いとき、腰痛になったときなどは、小ぶりの湯たんぽをおへそに当ててみましょう。座って抱えるのもよいですが、仰向けに寝て、おへその上に乗せれば万全です。湯たんぽの小さいのがなければ、ペットボトルなどで代用することもできます。それぞれ、専用の袋に入れたりタオルでくるんだりして使います。おへそが温まってくると、体の辛い症状も和らぎ、腸の働きも活発になってくるのが実感できるでしょう。便秘がちな人にもお勧めですよ。

【あったかいマグカップを両手で持って・・】
ふうふう言いながら熱いお茶やコーヒーを飲んでいると、胃の中はもちろんですが、指先から取れる暖がかなり効果的って、知ってましたか?お行儀良く取ってをつまんでいたら分かりませんが、冷たい指先をカップに沿わせるだけで、体温がすっと上がって暖が取れるのです。そういわれてみれば、寒いとき誰でも思わずやってますよね。よく似た理由でぜひ利用したいのが手袋。外出時に手袋をするかしないかだけで、体温保持の効率が大きく変わるそうです。手のかさつきや汚れを防ぐ役割も果たしてくれる手袋、冬の外出時にはぜひ愛用したいものです。

TOPPAGE  TOP