商品詳細暖房費の節約・・暖房器具はお得に使い分けて!


ホットカーペットと相性バツグンなひざ掛け灯油、ガス、電気、それぞれの暖房器具についてお話してきましたが、もうお分かりのように、ひとくちに暖房器具といっても、一つ一つメリット、デメリットがあり、上手に使い分ける事でお得にも快適にもなるのですね。

【冷たい部屋を一気に暖めたいときは?】
寒い冬の朝、布団から抜け出るまでが一苦労・・お部屋が冷え切っていれば、いよいよ脱出は大変ですね。留守宅に帰宅したときも、できれば一気に暖めたいもの。暖気が回る早さでいえば、エアコンやガスファンヒーターがトップでしょう。灯油ストーブもファンヒーターなら同等のパワーで暖めてくれますね。タイマーを使えば、朝お布団から出るのも楽になるでしょう。

【ある程度温まったお部屋でくつろぐなら?】
エアコンやガスのヒーターにはもちろん自主制御の機能がありますが、それでもこれらの暖房器具をつけっぱなしで使うと、1ヶ月の光熱費はどうしても高くついてしまうのが現実です。さらに灯油やガスの器具の場合は、こまめな換気の必要性も出てきますね。お部屋が温まったら、エアコンやファンヒーターのスイッチを切って、ホットカーペットやこたつなど、光熱費のかさまない暖房器具に切り替えてしまうのがベストでしょう。

【デスクで勉強や仕事をするなら?】
頭寒足熱という言葉をいちばん適応させたいのは、勉強や仕事など、デスクワークをする場面。オイルヒーターのような柔らかな暖房がベストかもしれませんが、コストはかさみます。お得にいくなら、足元にパーソナルな座布団サイズのホットカーペットを敷いて、ひざ掛けをかける。ホットカーペットの代わりに湯たんぽを用いてもグッドです。冷え性の人なら、ひざ掛けを大ぶりなものにすると快適です。ひざ掛けといえば、今は腰まわりにくるくる巻けるタイプの物もありますし、いっそ普通の毛布を掛けたってよいですね。

【寒いトイレや脱衣場を快適にするには?】
瞬間的にスポットを強力に暖め、短時間だけ利用したいなら、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、セラミックヒーターなどが便利です。中でも電気代がおさえられると最近評判の良いのが、カーボンヒーター。遠赤外線効果があるため、芯から温まる感覚があるのも人気の秘密です。また、昔ながらの電気ストーブも今だけ、そこだけを暖めるには適しています。いずれも点けっ放しではコストがかさむので、短時間スポット的に使う場面に使い分けることで効果を発揮するでしょう。

TOPPAGE  TOP